FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

絶景を求めて!

旅先や日常で出会った『絶景!?』の記録です。

[登山] 男体山と太郎山(奥日光):日帰り 

2015.10.24

絶景を求めて奥日光へ。志津側から男体山と太郎山に登りました。
空気は霞んでましたが、麓の紅葉を眺めながら気持ち良く歩けました。


※男体山山頂にて。意外に空いてました。


※太郎山山頂にて。太郎山は初めて登りましたが、登り応えのある良い山でした。

2015.10.24 太郎山山頂にて(補正無し) - Spherical Image - RICOH THETA


※RICOH THETA Sのデビュー戦でもありました。太郎山山頂にて。






別の山を予定していましたが、天気予報が良くなかったので、もう少し寒くなってから行こうと思っていた奥日光に決めました。

朝、4時頃に自宅を出発し、日光市街には6時過ぎに到着。コンビニで腹ごしらえしてから戦場ヶ原を目指します。

いろは坂付近は紅葉見頃の時期を迎えており、7時前だというのに交通量は多めでした。
明智平の駐車場も8割ぐらいは埋まっていたと思います。

中禅寺湖からは半月山展望台へ行ってみることに。
こちらは車も少なく快走。でも、やっぱり展望台は結構賑わってました。

眺望はというと、紅葉見頃も終わりに近く、また空が霞んでいたので、紅葉の鮮やかさはイマイチでした。

寄り道してだいぶ時間が遅くなってしまいました。
いつもなら立ち寄る竜頭の滝をスルーし、そのまま志津林道へ。

なんとか志津峠までやってきました。
以前は15台ぐらい駐車できたスペースも、今では大きな岩で塞がれ車を停めることはできなくなっていました。そのため、マイカー組みはかなり手前の駐車場から林道を歩いてアプローチしなければなりません。

志津峠から男体山へ登るのは今回が初めて。ただ、コースタイムをみる限り表参道の二荒山神社コースよりは楽そうです。(以前は二荒山神社コースで途中気持ち悪くなってしまった苦い思い出があります。)

林道を進み、標識に従い登山道へ入ると、間もなく志津避難小屋。
小屋を右手に進むと登山コースのスタートです。

このコース、登山道が結構削られてえぐれてしまっていて痛々しい。
削れ過ぎているせいか、踏み跡はそれを避けるように多数付いており、どこを歩こうか迷ってしまいます。
できるだけ自然環境を損なわないように登る箇所を選びながら進みました。
道中は一合目から九合目までの標識が立っており、しかも結構間隔が短いので、楽な気分になれます。

六合目を過ぎると、徐々に視界が広がってきて、太郎山から女峰山までの家族山が一望できるようになります。

そして、九合目まで登りきればもう山頂に着いたも同然。あとはほぼ平坦な道を歩いて神社のある場所へ進みます。

歩いていくと、まず一番最初に三角点が現れます。あの有名な神剣の立っている岩の裏側(表参道側からみて裏側)にあります。

なので、多くの登山者の方は三角点に気付いていないようで、誰もいませんでした。
「なんだ、ずいぶん空いているな」と思いつつ神剣の岩の反対側に行くと、記念撮影のための順番待ちで行列ができていました。といっても10人ぐらいですけど。
まぁ、神剣の岩での記念写真は前回撮っているし、また来た時でいいやと思いスルーすることに。「なんか神剣がずいぶんきれいに光り輝いているなぁ」と思ってはいましたが。。。下山後に知ったのですが 以前の剣は2012年に折れてしまったため、最近新しい剣が立てられたようです。やっぱり記念写真撮っておけばよかったなぁ。

神剣をスルーし、二荒山神社奥社のある方へ進みます。
奥社の脇に立つ二荒山大神の銅像の周りは、広々としていて日当たりも良いので、多くの登山者が休憩していました。中禅寺湖から白根山方面の眺望も開けているので、休憩するならこの辺りが最高ですね。
さらに白根山方面の奥に下って行くと、突き当りにも太郎山神社。神社の裏側には太郎山がどーんとそびえているのです。

写真撮ったりパンを食べたりしながら山頂部で約30分ゆっくりと過ごしました。今日は暖かくて風も強くなかったので、この後がなければもう1時間ぐらいのんびりしたいぐらいですが。だんだんと人も増えてきたので下山開始することに。

最近は、下山時にいつも左足膝裏側の筋と、右足膝前部が痛みます。今回も同様。奥穂高岳登山の時から変な癖がついてしまったようです。なるべく痛みが出ないように気を使いながら下山しました。
志津峠には1時間半弱で到着。
急いで太郎山登山口へと移動しました。



太郎山は新薙コースのピストンです。
志津林道を下り、分岐からダート道を20分ぐらい歩いたところがスタート地点です。
スタートは12時半過ぎぐらい。日没が17時少し前なので、タイムリミットは登り2時間30分と決めました(無理だったら諦めて下山するということです。)。

こちらのコースも、男体山同様で登山道が結構削られてえぐれており、本来道の脇に踏み跡が付いています。最初は比較的なだらかな上りとなりますが、途中から一変して急登となります。また最初は土の登山道ですが、砂礫が増え、岩が増え、やがてガレ場岩場が中心の登山道へと変わっていきます。
途中の急登が両足の痛みもあって結構大変だったのですが、手がかりとなる木々がたくさんあるので、意外に楽に登っていけます。でもさすがに途中から息切れしてきましたけど。

山頂部がだいぶ近づいてくると、ガレ場(新薙)のトラバース箇所。3回ぐらいトラバースした後、樹林帯を少し進むと、火口のお花畑が現れます(流石にこの時期お花は咲いていません)。
ガレ場岩場を通過してきて、突然の草原の出現に驚くとともに、この太郎山の登山コースの変化の多さに感心しました。

お花畑を過ぎると、再び樹林帯の登り。
だいぶ疲れてきたところで山王峠との分岐。さらに進むと山頂に到着です!
登山口からちょうど2時間ぐらいでした。タイムリミット前に到着できて良かったです。

結構広い山頂でしたが、もう14時半ですから当然誰もいません。
短い時間ですが、静かな山頂を満喫することができました。

30分ぐらい休憩して下山開始しました。
下りで心配していた足の痛みですが、このコースは手がかりとなる木々や岩が本当に多くて、急下降のルートでありながら足にはそれほど負担がかからず、すいすいと下っていくことができました。
結局、登山口まで1時間30分もかからずに戻ることができ、日没前に志津林道を抜けることができました。



帰りはいろは坂で少し渋滞していましたが、それ以外は車も流れてくれました。
宇都宮からは下道で帰りましたが、21時前には自宅に到着できました。

久し振りの1日2座の山行となりましたが、無事に歩き通せて良かったです。

2015/10/24 Sat. 22:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→https://forthesuperbview.blog.fc2.com/tb.php/238-25479ac0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)