FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

絶景を求めて!

旅先や日常で出会った『絶景!?』の記録です。

[お出かけ] 赤岳鉱泉で雪中テント泊体験 

2018.01.14-15

マイナス20℃の世界を体験しよう!
テント泊デビューの山友と、テント担いで赤岳鉱泉まで行ってきました。


※アイスキャンディー、初めて見ました。

今回はご一緒した山友さんがアイゼンもピッケルも持ってきておらず。。。
厳冬期に赤岳鉱泉までやって来て山に登れないという、ちょっとだけ欲求不満なところはありましたが、とても良い体験できました。


※エアライズのフライシート仕様。1人だったら整地するところからやりますが、今回は整地された跡地に設営。あくまで寒さ体験ということで。。。





【備忘】

■交通手段
今回は電車バスで美濃戸口までアプローチ。最近デビューしたばかりのスーパーあずさ1号に乗りました。
そして、帰りは月曜日。なんと1月はバスが無いことに出発の前日に気付きました。痛恨ミス。ちなみに2月は月曜日も運行しています。
美濃戸口からは、中央道茅野バス停までタクシー。送迎は20分ぐらい。途中でコンビニ寄って30分ぐらいで到着。5,600円でした。

高速バスは1時間前ぐらいに電話で予約。バス料金の支払いは現金払いで2枚回数券というものがあり、2人で5,500円。ネット予約よりも300円安くなりました。


■赤岳鉱泉(小屋)について

テント泊で食事付きの場合、予約はどうするのか事前に電話して確認しました。今回はそのまま電話口で予約しました。混んでいる日は予約してしてほしいみたいです。
実際、日曜日なのにかなり大勢の方が宿泊しており驚きました。これが土曜日だったらどうなんだろう?

テント泊2食付きで4,000円なり。
夕飯は名物?のステーキ&ポトフでした(日曜日はステーキが多いらしい)。
時間は18時と19時の二回転でした。我々は18時より。ご飯とポトフはお代わり自由!お腹いっぱい食べました。

朝食は6時より。焼き魚と温泉卵など。ご飯と味噌汁はお代わり自由。

ランチは15時まで、カレーライスやパスタなどが食べられます。私はカレーライスの一番辛いやつ頂きました。800円。

ビール350缶が500円。売店ではボトルワインなども売っており、お金さえ払えば山小屋とは思えない贅沢な時間を過ごせます。

水は入り口で貰えます。

自炊室はテント泊の人は使えないとの張り紙ありましたが、お湯沸かしてコーヒー飲むぐらいは大丈夫でした。
20:45ぐらいに電気消されましたが、それまで暖かい室内で過ごしました。

赤岳鉱泉は今回初めて利用しましたが、とにかく食事が豪華でビックリ。大変満足できました。


■テント泊の感想。

夕食後も小屋の自炊室で時間潰したし、その間に汗も乾いてしまったし、風も無く、通常の登山時でのテント泊とは条件が全く違いますが、ほとんど寒さも感じず、快眠できました。

シュラフはナンガ750、マットはプロライトプラス(WR)、上はフリースとハードシェル、下はダウンパンツ履きました。使い捨てカイロも使わず、ダウンジャケットも着ませんでしたが、十分暖かく寝られました。

テントのインナードアは全開で寝ました。(フライは閉めました)

フライにはかなり霜が付きましたが、インナーは少しだけでした。
実際にはマイナス15℃ぐらいまでしか下がってなかったのかな?
ほぼ無風だったため、体感温度も変わらず。



■その他備忘
入山者多数の山だし、トレースは明瞭。
今回は中山峠展望台まで歩きましたが、ツボ足でも十分行けます。チェーンスパイクがあれば初心者でも歩けます。




2018/01/15 Mon. 21:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→https://forthesuperbview.blog.fc2.com/tb.php/315-14c0b3e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)