FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

絶景を求めて!

旅先や日常で出会った『絶景!?』の記録です。

[お買い物] 初モンベルテントをゲット! 

2018.04.24

ふるさと納税(寄付)から数日後、モンベルから荷物が届きました。

中身は、、、?


※衝動ゲット。




じゃん!


モンベルのシングルウォールテント「マイティードーム2型」です。
フットプリントとオプショナルキャノピーも頂きました(あくまで返礼品なのでね。)。



もともとは2人用テントが欲しくなったのがスタート。
使うのは主に冬山。雪山。
お気に入りのアライテントの「エアライズ1型」は、冬山装備だとかなり狭いので、もう少し広々とした空間が欲しいなと。冬山では天候に関わらず、寒いからテント内で炊事しますが、1人用テントだとかなり狭くて厳しい。

冬山のテント泊登山なんてたまにしか行かないから、1人用テントで我慢するのが普通なんでしょうけど、我慢できませんでした。

というわけで、テント選びがスタート。
最初は使い慣れた「エアライズ」の2型にしようかなと考えていましたが、お値段が高いのと、サイズ違いで同じテントを2つ所有するのもつまらないかなという思いがあって、どうも踏ん切りがつかず。
いろいろネットで調べてみると、シングルウォールテントにも興味が湧いてきました。
軽量化のため冬用の外張り無しで張っている人も多く、設営もダブルウォールテントと比べて早いので、まさに冬山向き。

しかし、
1. 結露が発生しやすい、
2. 前室が無い、
3. お値段高すぎる
という弱点もあります。

まず結露について都合よく考えてみると、冬山でマイナス10度ぐらいになれば、結露はバリバリに凍ってしまうからポタポタ水滴が降ってくるということもない。ダブルウォールテントだって条件次第で結露することもあるし、フライシートが結露でビショビショは当たり前です。
というわけで、結露はシングルウォールの弱点ではなく、個性と考えれば問題無し。

次に前室ですが、冬山であれば雪は降っても雨降りはないので問題ないかなと。夏山でも雨降りの日はテント張りたくないから小屋に逃げるだろうし、そもそも雨予報では山に出かけなくなったのであまり問題ないかなと。
また、夏山なら基本はエアライズ1型で足りるので、2人用テントがシングルウォールかどうかは関係ない。

さて、最後が問題。
お値段高すぎる。
シングルウォールテントって、結露対策として透湿性の高いハイテク素材を使うため、どうしてもお値段が高くなります。
現在では、ダブルウォールテントの方がお値段安いし、コンパクトで軽いし、わざわざシングルウォールテントを選択する人はあまりいないでしょう。だからネット上でもシングルウォールテントに関する情報はとても少なく、購入ハードルがさらに上がっていると思います。
ちなみに、結露を度外視すれば透湿性の無いツエルトやシェルターがありますが、快適性の観点からか、あくまで「テントではない」という扱いですね。
非常時用やミニマム目的であれば、ツエルトがベストと考えています。(マイナス10℃の奥多摩小屋でツエルト泊しているツワモノを見ましたが、私には真似できません。)
閑話休題、お値段高すぎるということで、オークションを日々チェックしていましたが、出品されているのはかなり年季物だったり、出品者が怪しかったりと、なかなか強気な入札はできませんでした。
そんな時にパッと思い付いたのが、ふるさと納税のモンベルバウチャー。
これなら無料みたいなもんです。

たまたま昨年末にふるさと納税でモンベルバウチャーを頂いていたので、その残りポイントと今年のふるさと納税分を使えば、モンベルの「マイティードーム2型」も射程圏内でした。
これでお値段高すぎるという点もクリアできます。



さて次に、シングルウォールテントも数多くありますが、モンベルで本当に大丈夫なのか?他に最適解はないのか?と、悩みました。
いくらモンベルポイントが実質無料とはいえ、他に有意義な使い道があれば、モンベルのテントと交換する必要もありません。
マイティードームをネットで検索しても、ほとんど情報ありません。モンベルの商品説明以外のカユイ部分の情報が無いに等しいのです。
ただ、同じモンベルのステラリッジテントの評判は高く「さすがモンベル」と言った記事はいくらでも見つかります。
基本的な商品機能は同じなので、品質等には問題無しと考えることにしました。



というわけで、冬山シーズンが終わったばかりのこの時期にマイティードームを手に入れてしまったのですが、はっきり言ってまだ使う予定がありません。使い慣れたエアライズの安心感に勝てません。

とりあえず雨の降らないバイクツーリングキャンプで実践投入してみようかなと考えています。








2018/04/24 Tue. 22:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→https://forthesuperbview.blog.fc2.com/tb.php/324-c07ec7b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)