FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

絶景を求めて!

旅先や日常で出会った『絶景!?』の記録です。

[登山] 規制ラインギリギリを抜け高千穂峰へ│高千穂河原よりピストン 

2018.04.30

2018年のGW九州遠征、2座目は高千穂峰に登りました。
新燃岳に続き、硫黄岳も噴火のため、霧島連山には登れないかと思いきや、高千穂峰だけはギリギリ規制ラインの外側で登ることか可能でした。

午前中の体調不良もなんとか回復し、好天のなか、気持ちよく歩けました。


※山頂、天の逆鉾にて。





市房山高原キャンプ場からカーナビを便りに、高速道路使って一気に移動!と思いましたか、心配なのは火山活動による霧島山付近の道路通行規制。

Googleマップのナビも同時に起動して、高千穂河原に向かいました。

正解でした。
カーナビ君、通行規制をギリギリまで反映できず、かなり走ってから突然「この先通行規制があり、目的地に行けません」との音声ガイドが。
マジで勘弁してくれー。

一方、Googleマップは冷静に?、最後までしっかりとナビしてくれました。

結局、12:20ぐらいには登山口の高千穂河原に到着することができました。

不安だった体調も、移動中になんとか回復しました。



駐車場から登山口へ向かう途中にあるビジターセンター入口に登山届のポストがあります。
ビジターセンターに入ると、係員の方が、山頂までのルートや見所、注意点を航空写真を見ながら丁寧に教えてくれます。
鳥居をくぐって参道突き当たりの古宮址(霧島神宮の跡地)がパワースポットとのこと。教えてもらったとおりのルートで高千穂峰を目指します。


↑ 古宮址。

古宮址から登山道に入ると、最初は樹林帯の中の石段を進み、分岐を左に折れてしばらく歩くと樹林帯を抜け、いよいよ高千穂峰が姿を表します。
火山なので、溶岩礫と岩のミックスの斜面を登っていくことに。
黄色のマークを便りに登りますが、かなり歩きにくいです。富士山をより歩きにくくした感じです。


↑樹林帯を抜けると、御鉢と高千穂峰が姿を現す。

午前中の疲れもそれほど感じずスイスイと登っていきますが、最初のピークまでが意外に遠い。見通しが良いのですぐ近くに見えるからかな。

ようやくピークに到着すると、荒々しい火口部が目に飛び込んできます。
御鉢というらしい。


↑御鉢ピーク。花はこの一箇所だけ。

そこからは馬の背という火口縁のなだらかな道を歩きます。左手には霧島山の核心部である新燃岳や韓国岳が望めます。

馬の背を過ぎると、いったん脊門丘という鞍部に下り、そこからいよいよ高千穂峰への最後の登りがスタートします。ザレザレでさらに歩きにくい登山道なので、足の置き場を選びながらゆっくりと登ります。
ただ、それほど距離はないので、サクッと頂上に到着しました。
ビジターセンターからちょうど1時間半ぐらいでした。

山頂には天の逆鉾というオブジェ?が祀られており、記念写真スポットとなっています。私も近くにいた方に写真撮ってもらいました。

三角点は天の逆鉾の裏側にありました。
新燃岳方面が一望できる絶景スポットです。


↑絶景スポット!

山頂は天の逆鉾を中心にぐるっと一周できるので、のんびりと景色を楽しむことができました。ちょっと空気が霞んでしまったのが残念ですけど。

20分ぐらいのんびりしてから、また来た道を戻りました。
下山は1時間ぐらいかかりました。



今年は春の訪れが早かったものの、ミヤマキリシマの見頃には早すぎました。やっぱり山肌がピンクに染まる季節に再訪したいかなー。
とはいえ、火山活動も活発なので登山できただけでもラッキーでした。

2018/04/30 Mon. 22:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→https://forthesuperbview.blog.fc2.com/tb.php/327-9a976942
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)