FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

絶景を求めて!

旅先や日常で出会った『絶景!?』の記録です。

[登山]飯豊連峰縦走ー1日目│丸森尾根から頼母木小屋、そして朳差岳へ。 

2018.07.21

飯豊連峰縦走の初日は、飯豊山荘前から丸森尾根を登り、宿泊地の頼母木小屋へ。そしてザックを下ろし朳差岳まで歩きました。安定のガスガスでした。。。


↑朳差岳山頂にて。ガスガスで強風。





↑徹夜でバイクを駆り、飯豊山荘前の駐車場に5時過ぎに到着。蚊がいます。


↑丸森尾根登山口は飯豊山荘の正面です。5:30に出発できました。


↑丸森尾根ですが、入口から崖のような急登です。登っても登っても足元に駐車場が見える感じです。

登り始めてすぐに、背中から太陽の光が当たります。標高も低く、風も無いためとにかく暑い。尋常じゃない汗をかきながら、登ります。

水筒の水もどんどん消費し、体力もどんどん消耗していき、すぐにバテ気味に。


↑登り始めて2時間になろうとする頃に、ようやく水場に到着。
少し下ったところにチョロチョロと水が出ていました。
ここで水分補給して少し生き返った。

水場から先はなだらかになると勝手に思っていましたが、まだまだ急登が続きます。途中なだらかな部分もありますが、すぐに急登、の繰り返し。
やがて植物もナナカマドやダケカンバといった灌木帯になりますが、急登は終わりません。長い長い。
しかも登山道が削れて大きな段差になっている所が多く、テント装備のオッサンには堪えます。


↑登り始めて4時間。ようやく丸森峰に到着。


↑ここで視界が開けますが、山頂部はガスガス。ザックを下ろして小休止。

風も吹いてきて、登り始めの猛暑は無くなりました。視界が開け、足元には高山植物の花がたくさん咲いており、少しだけ元気になりました。

雪渓は溶けており、登山道は完全な夏道でした。
ガスってますが、花の写真を撮る名目で休みながら、登ります。コバイケイソウ結構咲いてますね。


↑丸森峰から約1時間、登山口からだと5時間で、地神北峰に到着。

尾根に出ると、ガスガスの強風。
楽しみにしていた稜線も、目の前にあるはずの地神山すら影も形も見えません。


↑地神北峰周辺はイイデリンドウの群生地ですが、ガスガスで日照もなく、冷たい強風の吹き荒れる状況で、イイデリンドウの花はほとんど閉じてしまっていました。(リンドウって、アサガオみたいに夜は閉じて昼の明るい時間帯だけ開く花みたいです。)


地神北峰から頼母木山方面は、いったん大きく下ります。登山道周辺しか視界がありませんが、たくさんの花が咲いています、、、いや、風で暴れています。


↑地神北峰から20分ぐらいで頼母木山。


↑さらに10分ぐらいで頼母木小屋に到着。時間は11時ちょっと過ぎ。

小屋前に何人か先客おりましたが、宿泊手続きは一番乗り。小屋入口付近の一番良い場所に寝床をキープし、軽く食事休憩。

小屋番さんに朳差岳までの所要時間を確認すると、空荷で90分ぐらいとのこと。
この時間なら行かないと勿体ない、ぐらい背中を押してもらい、11:40ぐらいに出発。


↑小屋からはいきなり下り、数分進むとガスガスの向こうにニッコウキスゲがたくさん咲いていました。


↑その先も花、はな、ハナ!
とにかくたくさんの花が咲き乱れていました。これが飯豊連山の魅力ですね。


↑大石山の分岐を右に進むと、ここから下り。空が明るくなったなと思ったら、目の前のガスがサーっと消えました。そして、鉾立峰が姿を現しました。しばらくすると、朳差岳も見えてきました。

大石山からはいったん大きく下り、鉾立峰へ登り返しとなります。標高差100m近くありそうで、結構キツかったです。


↑鉾立峰。登ったらガスガス。さっきまで見えていた朳差岳もガスの中に消えてしまいました。

鉾立峰から先もまた大きく下っての登り返しとなりますが、さっきほどでは、ありません。


↑登り返しが一段落すると、ガスの中、正面に避難小屋が見えてきました。

避難小屋から山頂は目の前のはずですが、ガスガスでよく見えません。


↑朳差岳山頂。ガスガスで強風。避難小屋も見えない。

帰りもお花畑に目を奪われながらのんびり歩きました。トンボが多かったのが印象的です。


↑夕方、小屋前で他のハイカーたちと団欒。ガスが抜け、青空が広がりました。でも朳差岳はガスの中でした。


2018/07/21 Sat. 20:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

この記事に対するコメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→https://forthesuperbview.blog.fc2.com/tb.php/340-26fa0103
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)